Home » ムダ毛 » たまには金の話

たまには金の話

【解説】株式への投資では、株発行している企業が成長することで、結果、聞き覚えのあるインカムゲイン(和製英語: 配当であったり利息などで得られる利益など)という利益を得ることができる。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった2010年9月12日、日本振興銀行が突如破綻した。これが起きたために、はじめてペイオフが発動して、預金者全体の3%程度とはいうものの数千人が、上限適用の対象になったのだと考えられている。
【常識】為替の高低に機敏にリアクションする身の回りの投資商品なら、外貨預金(米ドルなど外国通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)などが挙げられる。
【投資】資産配分:許容可能であるリスクの範囲に応じて投入できる資金を商品の性質が異なる二種類以上の金融商品に分けて行う投資手法を、アセットアロケーションと呼びます。
【知っておきたい】TOPIX(トピックス)に連動させたETFを(証券取引所で取引される投資信託、上場投信)を購入して運用するということなのであれば、東証一部で株式公開している全ての銘柄を保有するのと同格の成果が予想されるのです。
【投資の前に】REITに関する知識。不動産への投資信託(不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)を指す金融用語のこと。例外的に、投信法に定められた日本版REIT(J-REIT)を単にREITと呼ぶことがある。
世にいう「投機家」であったり「トレーダー」と呼ばれる人たちが当たり前の株式の買いだけではなく、多くの場合はさらに空売りという手法による特別な「売り」からも入ることに比べて、ふつうの投資家は必ずと言っていいほど、「買い」から入る。
【知っておきたい】外国為替市場とは⇒外国為替に関わる取引が行われている場の呼び名ということ。外為市場(がいためしじょう)と簡単に省略して使うこともあり、一般には銀行のみが短期資金や外貨を取引する為替銀行間取引が実施される場の名前。
やはり金融システムこそ経済の最重要な動脈と同じなのだから、我が国経済の完全再生、経済の活性化のため、加えて不良債権問題の解決しつつ、抜本的な構造改革を達成できる、より強固で安定的な金融システムを構築することが不可欠。
【ポイント】アセットアロケーション:金利と株さらに為替の3つはしっかりと関係しあっていて、3つ全ての動きを常に注目することが必須。投資しようとする商品のみならず、他にも資産を分散して失敗のないように投資する方法が常識です。
【トラブル】ストップロスという手法が、できる人でなければ、投資でうまくいくことが出来ないのである。損をきちんとみずから認めることができる度胸を持つことが必須であり、ストップロスが出来ない取引ならば、投資はやめておいたほうがよい。
つまりチャート分析だけを見た“株式投機(投資ではなく)”は、手法の特性上、売買のチャンスが重要なポイントなのです。でもこの呼吸を上手く掴むというのは非常に難易度の高いことです。
抑えておきたいポイント。金ETF(Exchange Traded Fund)の知識。常に需要の高い金の相場に連動している(実際に発行額と同額の金を保有しているものと金の価格に連動するように公社債に投資するものなどがある)上場投資信託(上場投信)のことです。取引のある証券会社でも売買できることから大変手軽な商品だが、信託報酬が必要なことに注意。
株式投資に関連した企業や個人などのホームページ、ブログ、とか、市販されている雑誌では、テクニカル分析(過去の動向から、今後の予想を行う分析法)を重要視しており、各種のチャートなどの使い方とか分析方法などを非常に細かく紹介している。
機関投資家(個人ではなく、企業体で投資を行っている投資家)のポジションで、信託会社など大手金融機関などが全企業的に桁外れの資金投入が実行される場合もあり、信託会社や保険会社など機関投資家が運用している投信(一般的には投資家から委託を受けた資金の運用を機関投資家が代行する)への巨額な資金の流入もどんどん進んでいるのです。